ペットの臭いは一度染み付くと簡単に取ることはできません。

部屋の臭いが気になると、友達や親族を家に招きづらくなってしまいますよね。

そこで今回おすすめしたいの『カンファペット』です。

 

カンファペットは部屋や衣類にこびりついたペットの臭いを瞬間消臭してくれるスプレーです。

優れた消臭効果を発揮することから人気を集めていますが、

 

「ペットや人間に害がないのか気になる・・・」

 

という声が寄せられています。

今回は、そんな疑問を解消するべくカンファペットに配合されている成分の安全性や、健康被害・副作用についてまとめてみました。

購入前の参考にしてもらえると嬉しいです。

 

危険?消臭剤はペットにとって危険なの?

一時期、大手メーカーの除菌・消臭スプレーが体に悪いという噂がネット上に広まったことがありました。

話題になった除菌消臭スプレーに配合されていた成分は下記の通りです。

 

  1. トウモロコシ由来成分
  2. 除菌成分「Quat
  3. 香料
  4. 水溶性凝集成分

 

1のトウモロコシ由来成分は『シクロデキストリン』というデンプンから作られた物質です。

においの分子を取り込む役割を担っています。

そして4はハウスダストを固める成分ですが、1と4はどちらも人体や動物に危険性はありません。

 

危険と言われる原因となった成分は、2の除菌成分「Quat」です。

Quatは『第4級アンモニウム化合物』のことで、別名逆性石けんとも呼ばれています。

ただし家庭で使用する石けんではありません。

 

ここで言う石けんとは『塩化ベンザルコニウム』のことです。

これは消毒薬として病院でも使用されている物質で、細菌効果はありますがウィルスには全く効果がありません。

また、Quatは過敏症を発症する危険性があり、下記のように吸入による安全性の検討が必要だと言われています。

 

QUAT は,布製品に噴霧する家庭用品に配合されることか ら,ヒトの生活環境における乳幼児および成人の摂取実態 調査も必要で,その結果によっては,吸入による安全性の 検討も必要と考えられる。引用元 http://www.tokyo-eiken.go.jp/assets/issue/journal/2010/pdf/01-45.pdf

 

これらのことから、普段から大量に消臭・除菌スプレーを使用しているご家庭は、ペットに悪影響を与えている可能性があると考えられます。

 

カンファペットの成分は危険なの?

まずはカンファペットに配合されている成分を見ていきましょう。

 

カンファペットの全成分:純水、次亜塩素酸ナトリウム(厚生労働省認定食品殺菌剤)、酸性剤(厚生労働省認定食品添加物)

 

純水って水と違うの?

純水は不純物を取り除いた水のことです。

ペットボトルのサイダーなどに純水仕立てのものがあるように、清涼飲料水でも使用されています。

 

次亜塩素酸ナトリウムってそもそもなに?

次亜塩素酸ナトリウムは、下記のように身の回りでたくさん使われています。

 

  • 飲料可能な水道水
  • 遊泳施設にあるプール
  • 野菜や果物の消毒
  • 洗濯やキッチン、哺乳瓶などの殺菌剤
  • 医療器具やリネンの消毒

 

最も身近なところでは塩素系キッチンハイターがありますが、消毒効果が高い一方で非常に刺激が強く、取り扱いには注意が必要です。

ノロウィルスなどの強い感染力のある菌に対しては有効な消毒薬として活躍するのですが、動物が舐めたり触れたりするととても危険です。

そのため、キッチンハイターを消臭・除菌として使うのは難しいのが現状です。

 

酸性剤ってそもそもなに?

酸性剤は、下記の様々な食品に配合されている成分です。

 

  • 食酢
  • クエン酸(すっぱいもの)
  • 炭酸が含まれているもの
  • ベーキングパウダー(重曹+酸性剤)


また、汗や臭いを抑える効果のある〝ミョウバン”も酸性剤の一種です。

 

カンファペットも『混ぜたら危険』なの?

キッチンハイターは酸性タイプの製品と混ぜると有毒ガスが発生するため非常に危険です。

一方で、カンファペットに配合されている亜塩素酸ナトリウムは、特殊な技術によって人体に悪影響のないよう開発されています。

 

これはカンファペットの共同開発元である『ハセッパー技研』が確率した、相反する成分を中和する技術が活かされています。

この混和技術は東京都に評価され表彰されました。

カンファペットは最新の技術の元で生まれた安全な除菌消臭スプレーなのです。

 

強力消臭・強力除菌だけど、ペットの目や口に入っても安全

カンファペットには強力消臭・除菌という大きな効果がありますが、中性でペットや人体には

 

「無害」

 

です。

開発時にはウサギやマウスを用いた試験が行われており、目の粘膜や皮膚に対する刺激が無いことが立証されています。

 

単回経口投与毒性試験(急性毒性試験) 異常は認められない
眼刺激性試験 刺激無し
皮膚一次刺激性試験 刺激無し
皮膚累積刺激性試験 刺激無し
感作性試験 感作性無し
コロニー形成阻害試験(細胞毒性試験) 問題ない程度
復帰突然変異試験(変異原性試験) 誘起する作用無し

() 日本食品分析センター委託試験結果

 

こんな現場で使用されています

カンファペットで採用されている消臭除菌技術は、安全性の基準が非常に厳しい下記の幅広い業界で使用されています。

 

  • 野菜・果物加工場内
  • 水産加工場内
  • 牧場・競走馬厩舎
  • 屋内廃棄物分別場
  • 商業施設地下廃棄物置き場
  • 肥料製造設備
  • ゴミ収集車コンテナ内
  • 圧縮廃棄物集積場
  • ペットショップや動物病院
  • 病院・クリニックの待合室  ・・・など多数

 

徹底した衛生環境が求められている多くの現場で採用されていることからもカンファペットの実力がうかがえます。

このレベルの除菌力を自宅で簡単に使えるのはカンファペットならではです。

 

カンファペットの7つの特徴

ニオイの成分を分解して、無臭化

アンモニアの臭いを分解し、消臭スプレーなどの香料でごまかさない本当の消臭ができます。

 

国内500社以上の企業で導入

味の素、キッコーマン、アサヒビール、日本赤十字社など、述べ500社以上の大企業に導入されています。

 

業界初「東京都ベンチャー技術大賞 奨励賞」を受賞

衛生管理機器業界では初となる、ベンチャー企業の技術力を東京都の審査会が約半年間かけて審査して表彰を決める名誉ある賞を受賞しました。

 

強力な除菌・除ウイルス効果

カンファペットは消臭はもちろん、幅広い菌の除菌・消毒に効果的です。

ペットのウィルス対策から室内のインフルエンザ対策、散歩から帰ってきたペットの足裏の除菌など幅広く利用できます。

 

目や口に入っても安心安全

カンファペットは第三者機関によって高い安全性が確認されています。

強力な効果を発揮するものは危険性も高いのが一般的ですが、カンファペットは人体や動物に優しい除菌・消臭スプレーなので安心してください。

 

安心価格

カンファペットは定期的に使う消費者が購入しやすい価格で提供されています。

安心して使い続けることができるのもカンファペットのメリットのひとつです。

 

ペットだけじゃない

カンファペットはペットだけでなく人間に対しても使うことができます。

例えば下記のような用途に最適です。

 

  • タバコの臭いの消臭
  • トイレの消臭
  • 靴の消臭
  • 生ゴミの消臭
  • 衣服の消臭
  • 手の除菌
  • 調理器具の除菌

 

まとめ

カンファペットは独自の技術によって人体にもペットにも無害な成分を配合しています。

そのため万が一ペットの目や口に入っても安心です。

500社以上もの大手企業で採用されている消臭・除菌効果を自宅で体感できるのはカンファペットしかありません。

お値段も比較的リーズナブルですので気になる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?



カンファペット最安値公式サイトはコチラ!

★最安値公式サイトはこちら!★